寒波が退き寒さは緩む 気象予報士・山口津香沙

寒波が退き寒さは緩む 気象予報士・山口津香沙

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/14
No image

動画を見る(元記事へ)

今シーズンの富士山、例年に比べると雪が少なくなっています。実は「富士山の雪が少ないと関東は寒くなる!」という意外な関係性があるんです。今、北陸などで平年の5倍前後の雪が積り、記録的な大雪になっています。これは今季最強寒波の影響ですが、このような時、富士山に雪を降らせる南岸低気圧は、寒波が強すぎて列島に近づけないんです。
このため寒波が強ければ強いほど、関東は寒くなり、富士山には雪が降りにくくなります。ただ、この先の一週間は、寒波が北に退いて、気温が上がります。東京、前橋は週の中頃に15度と桜が咲くころの暖かさに。また水曜日は雨が降ります。このタイミングで富士山もしっかり雪化粧となりそうです。暖かい一週間になりますが、次の寒気は1月下旬に入ってきそうです。関東平野は各地で晴れそうです。日中は東京、横浜、千葉で12度と4日~5日ぶりの2桁、3月並みの暖かさです。ただ、朝まではマイナスの厳しい寒さですので油断はしないでください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
雪かきで「お湯はダメ」助言が続々 本当?除雪の「プロ」の意外な見解
東急ハンズが「ハンズに来ている場合ではありません」 大雪で「なかなか言えない」ツイート
少女が歩道橋から飛び降り 脅され妹の身代わりに
民泊、性的暴行や盗撮など危険な宿・犯罪多発...京都、3千軒が違法施設か
小田急の「明日のことはとても考えられる状況にない」コメントが名言すぎると絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加