ホッケー女子、テスト大会で準優勝 FW清水「力を出せなくて悔しい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/22

男女ホッケーの20年東京五輪テスト大会最終日は21日、大井ホッケー競技場で順位決定戦が行われ、世界ランク14位の女子日本代表「さくらジャパン」は同10位のインドに1―2で敗れ、準優勝となった。同16位の男子日本代表は3位決定戦で同12位のマレーシアに6―1で勝利した。

第1Q12分で同点ゴールを決めたものの、FW清水は「自分たちの力を出せなくて悔しい」と語った。第2Q以降は一方的にインドに攻められ、流れは取り戻せず。試合を振り返り「自分たちのイージーミスが多かった」と指摘。東京五輪本番会場での試合に「来年はここで自分たちが優勝という形で終われるようにしたい」と闘志を燃やしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
W杯予選に初参戦の18歳久保建英が越えなければならない2つのハードル
バレー代表に新戦力 石川祐希の妹真佑が20得点
[NB CHAMPIONSHIP U-16]決勝で再び静学撃破!福岡の新鋭・飯塚が「強気の仕掛け」と「助け合える距離感」で“全国級”のU-16大会制す!
【AFC U-16女子選手権タイ2019 オーストラリア代表戦ハイライト】U-17W杯出場を目指すリトルなでしこ、アジア予選初戦は強豪オーストラリアに0-0ドロー
「1位になりたい」五輪マラソン内定4人 喜びの会見
  • このエントリーをはてなブックマークに追加