ミスパンテールが重賞連勝を狙う/京都牝馬Sの見どころ

ミスパンテールが重賞連勝を狙う/京都牝馬Sの見どころ

  • netkeiba.com
  • 更新日:2018/02/15
No image

重賞連勝を目指しミスパンテールが出走

昨年暮れのターコイズSを制したミスパンテールが登場。重賞連勝を飾って、GI戦線に名乗りを上げることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■2/17(土) 京都牝馬S(4歳上・牝・GIII・京都芝1400m)

ミスパンテール(牝4、栗東・昆貢厩舎)は昨秋初戦のローズSで10着に敗れたあと、清水S(1600万下)、ターコイズSと2連勝。51、53キロといずれも軽ハンデだったとはいえ、マイルへの距離短縮で本来の切れ味が発揮できたと見ていいだろう。今回は斤量55キロで初の1400m戦だが、連勝を伸ばすことができるか。

ワンスインナムーン(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)は昨年の2着馬で、同秋のスプリンターズSでも3着と好走。続く香港スプリントでは12着と海外の壁に阻まれてしまったが、今回のメンバーなら力上位は明らか。重賞初制覇を期待したい。

その他、京阪杯9着からの巻き返しを期すソルヴェイグ(牝5、栗東・鮫島一歩厩舎)、長期休養明けの前走を勝ったエンジェルフェイス(牝5、栗東・藤原英昭厩舎)、復活が待たれるミスエルテ(牝4、栗東・池江泰寿厩舎)、オープンに上がってきたデアレガーロ(牝4、美浦・大竹正博厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
インリン、ミスで7歳の長男が1人で飛行機に 涙止まらず「ごめんね」
泰葉が自己破産、実家からは門前払い
みちょぱの圧巻美ボディにうっとり「憧れる」「大人SEXY」と絶賛の声
絵の中に何が見える?最初に見えたものであなたの性格がわかるらしい!
ジュディ・オング『なんでも鑑定団』に持参した宝が驚きの鑑定結果に!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加