最新ランキングをチェックしよう
麻薬取引関与のマルケスにメキシコ協会が連帯を表明...選手は練習に姿を見せず

麻薬取引関与のマルケスにメキシコ協会が連帯を表明...選手は練習に姿を見せず

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/08/11

麻薬取引に関与したとしてアメリカ財務省から制裁を課されたメキシコ代表DFラファエル・マルケスについて、メキシコサッカー協会と所属するアトラスが支援の声明を発表した。アメリカメディア『ESPN』が10日に伝えている。
 メキシコサッカー協会はこの件について声明を発表。「我々は今回の件を認知しており、同時にマルケス選手を称賛します。彼はメキシコ代表の象徴として20年以上に渡って、その類い稀なリーダーシ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中村俊輔が“サッカーセンス論”を激白 闘莉王を引き合いに断言「自主練を見れば分かる」
グリエーズマンが起死回生の芸術的ボレー!アトレティコがローマを撃破し今大会初勝利
監督が前立腺がんを緊急告白
英国で生まれた“神トラップ弾”に世界が驚愕 「まるでベルカンプ」「不可能」「常識外」
ペルーのW杯出場資格剥奪の可能性が急浮上!? 失格なら...代わりに出場する国は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加