最新ランキングをチェックしよう
麻薬取引関与のマルケスにメキシコ協会が連帯を表明...選手は練習に姿を見せず

麻薬取引関与のマルケスにメキシコ協会が連帯を表明...選手は練習に姿を見せず

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/08/11

麻薬取引に関与したとしてアメリカ財務省から制裁を課されたメキシコ代表DFラファエル・マルケスについて、メキシコサッカー協会と所属するアトラスが支援の声明を発表した。アメリカメディア『ESPN』が10日に伝えている。
 メキシコサッカー協会はこの件について声明を発表。「我々は今回の件を認知しており、同時にマルケス選手を称賛します。彼はメキシコ代表の象徴として20年以上に渡って、その類い稀なリーダーシ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エイバル乾、2年の契約延長へ 連動性を評価と現地紙報道「重要視している優先事項」
武藤、見事な2ゴールでマインツ快勝の立役者に! 2試合連続弾で今季通算6点目
レスターが“メモリアルゴール”で勝利! 決定機逸も岡崎には万雷の拍手「今日もシンジは素晴らしかった」
ウォルコットがアーセナル退団を語る「夜に出ていかなければならなかった。静かだったよ」
張本氏は問題発言連発!?関口宏がズバリ指摘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加