最新ランキングをチェックしよう
酸素なしで動く心臓を実現する鍵は「カメ」にあるかもしれない

酸素なしで動く心臓を実現する鍵は「カメ」にあるかもしれない

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/07/14

By mblach
カメが冬眠することはよく知られていますが、その冬眠場所に池の中や湖の下を選ぶことがあるのはあまり知られてはいません。カメは酸素なしでも最大6カ月も生存可能で水の中のほうが安全だというのがその理由ですが、カメの無酸素でも生きられる能力が人間にも応用できる可能性があると研究者は考えています。
Developmental plasticity of cardiac anoxia-to

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ケルピーとディンゴにはDNAの共通点がないことが判明!【研究結果】
わずか原子10個分の厚さしかない断熱材が開発される、電子機器の小型化に役立つ可能性
83%の精度で10年以内の死亡率を血液から予測できる14の因子が発見される
8500年にわたり「患者と共存してきたがん細胞」から新しいがん治療が見つかる可能性があるとの研究結果
老化した脳細胞に「自分はまだ若く柔らかい脳の中にいる」と勘違いさせると実際に若返る効果が検証される(英研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加