シンガポール・セレター空港、新旅客ターミナル運用を年末までに開始 ファイアフライ乗り入れ

シンガポール・セレター空港、新旅客ターミナル運用を年末までに開始 ファイアフライ乗り入れ

  • Traicy
  • 更新日:2018/07/08
No image

チャンギ・エアポート・グループ(CAG)は、シンガポールのセレター空港の新旅客ターミナルの運用を年末までに開始すると発表した。

延床面積は10,000平方メートルで、既存ターミナルの6倍以上に拡大した。年間70万人の利用に対応する。総工費は8,000万シンガポールドル。4つのチェックインカウンター、6つの出入国審査レーン、2つの保安検査場、3機の駐機場などを備える。ビジネスジェットの利用者にも対応する。

マレーシア航空子会社のファイアフライは、ターボプロップ機で運航しているチャンギ空港を発着するマレーシア3路線、1日20便をセレター空港発着に移管する。これによりチャンギ空港の発着枠に余裕が生まれ、多くの大型機の乗り入れが可能となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
福岡市にキッザニア 「ららぽーと」22年春に開業
どうすれば、年金を貰いながら60歳以降も働くことができるのか
長崎誘致に意気込み カジノ法20日成立 佐世保市民中止求める声も
ZOZOが球界参入!? IT長者どうして野球好き?
金曜夜に200名超が集合! RPA Communityが第3回勉強&LT会開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加