最新ランキングをチェックしよう
大学アメフト界の異常な構造...日大、部内で「常識では考えられない指導」との指摘

大学アメフト界の異常な構造...日大、部内で「常識では考えられない指導」との指摘

  • Business Journal
  • 更新日:2018/05/27

5月6日に行われた大学アメリカンフットボールの定期戦において、日本大学の選手が関西学院大学の選手に対し、後ろから危険な反則タックルをし、右ひざなどに全治3週間の怪我を負わせた問題。22日に、タックルを仕掛けた日大の宮川泰介選手が会見を開き、翌23日には日大の内田正人前監督と井上奨コーチも会見を開いた。
 まず、宮川選手の会見内容、内田前監督と井上コーチの会見内容を振り返っておきたい。
 22日、宮

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中島翔哉が2G1Aの大暴れ! 超絶トラップからの一撃にサポーターも「天才でしかない」と絶賛!
少年野球のひどすぎる体罰・暴行 19件にわたる「体罰リスト」で日常的な暴力が明らかに
元レアルDFのモデル妻がヌード写真を全世界に発信。夫の反応は...?
「完璧な弾道だ!」「クールな男」鮮烈ゴールの南野拓実に地元メディアから称賛の嵐!
「宮川紗江選手のほくろ除去してあげて」 高須院長の返答に称賛相次ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加