フランスとセルビアは初日終え1勝1敗のタイに、デ杯

フランスとセルビアは初日終え1勝1敗のタイに、デ杯

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/09/16
No image

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ、ワールドグループ準決勝、フランス対セルビア。勝利を喜ぶフランスのジョーウィルフライ・ツォンガ(2017年9月15日撮影)。

【AFP=時事】男子テニス、国別対抗戦デビスカップは15日、ワールドグループ準決勝が各地で行われ、フランスとセルビアは1勝1敗で初日を終えた。

セルビアは、世界ランキング80位のドゥサン・ラジョビッチが同22位のリュカ・プイユを6-1、3-6、7-6(9-7)、7-6(7-5)で下し、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の欠場を感じさせない出足をみせた。

手首の負傷で来季まで休養しているジョコビッチに加え、ヤンコ・ティプサレビッチ、ヴィクトル・トロイキという主力3人を欠く中で、ネナッド・ジモンイッチ監督は「これこそがデビス杯なんだ」とコメントしている。

しかしながら、9度の大会制覇を誇るフランスは、第2試合でジョーウィルフライ・ツォンガがデ杯デビューとなった世界95位のラスロ・ジェレを7-6(7-2)、6-3、6-3で退け、戦績をタイに戻している。

フランスのヤニック・ノア監督は、自身の仕事ぶりを戒めている。

「監督としては素晴らしい試合ができなかった。少し緊張もあって、その緊張がリュカに伝わったのだと思う。次戦では意思疎通の面を改善しなければならない」 【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
チブルコバが2回戦へ「ここ一年でもっともよい状態」[東レPPO]
バドミントン男子単で予選突破の西本「他種目が注目されがちなのを払しょくしたい」【バドミントン スーパーシリーズ ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017<男子シングルス予選>】
藤井四段、勝負飯は焼きめし&豚骨ラーメン 小林九段は珍豚美人セット
世界「銀」の福島、廣田組「一度離れて気付けたことがある」
卓球世界王者・馬龍、10月のW杯出場資格剥奪も、ボイコット騒動で―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加