ロケッツが6連勝 ハーデンが今季自己最多の15アシストをマーク

ロケッツが6連勝 ハーデンが今季自己最多の15アシストをマーク

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

NBAの西地区全体首位に立っているロケッツは12日、敵地インディアナポリス(インディアナ州)でペイサーズを118―95(前半63―51)で下して11勝3敗。ジェームズ・ハーデン(28)が26得点と今季自己最多の15アシストをマークしてチームを引っ張った。

No image

26得点と15アシストをマークしたロケッツのハーデン(AP)

センターのクリント・カペラ(23)も20得点と17リバウンドを記録。インディアナポリス出身のエリック・ゴードン(28)も21得点をたたきだして序盤から優位に立った。

ハーデンは「後戻りしないように言い聞かせている」とこの日もアグレッシブにプレー。マイク・ダントーニ監督(66歳)は「プロフェッショナルの勝利。実にいいプレーだった。しかし喜びすぎず、次の試合に備えたい」と気持ちを引き締めていた。

ペイサーズは6勝8敗。ビクター・オラディーポ(25)は28得点をマークしたが、チームはここ6戦で5敗目を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「アルビオン・ウェイ」再構築への道
“シンジ・フィーバー”誕生の瞬間 香川真司が語る伝説のゴール「頭が真っ白でした」
レスリング吉田沙保里の恩師がひた隠す東京五輪新星の重大事故
ハンブルガーで評価高まる伊藤達哉を、酒井高徳が兄のようにサポート
スペインの目利きが見た、欧州遠征「日本代表16選手のプレー評価」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加