新型iPhone発表。旧型iPhoneユーザーは、どの新型に買いかえるべきか?

新型iPhone発表。旧型iPhoneユーザーは、どの新型に買いかえるべきか?

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2018/09/14

日本時間9月13日早朝、毎年恒例Appleの発表があり、新製品がお目見えした。新型iPhoneは3ラインナップで、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRとなる。これにあわせて、iPhone7とiPhone8が値下げされ、iPhone Xは終了することになった。iPhone XSとXS Maxの予約は9月14日からで発売は9月21日、iPhone XRの予約は10月19日からで発売は10月26日となっている。

No image

日本時間の9月13日午前2時から、スティーブ・ジョブス・シアターでスペシャルイベントが開催された

まずは3製品の特徴と、価格を並べてみよう。

◆カメラは単眼、画面は液晶の廉価版iPhone XR

シリーズの中では廉価版となるのが、iPhone XR。6.1型液晶を備え、ボタンがなく、IP67の防水防塵性能を持っている。5.8型液晶のiPhone 8 Plusよりディスプレイは大きいが、本体サイズは小さくなっている。価格は64GBモデルが8万4800円(税別)、128GBモデルが9万800円(税別)、256GBモデルが10万1800円(税別)となる。

No image

iPhone XR

◆iPhone Xの後継機iPhone XS、大画面版のiPhone XS Max

そしてiPhone Xの後継機となるのが、iPhone XS。本体とディスプレイサイズはXと同じだ。もちろん有機ELディスプレイを採用している。ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzで、3D Touchも利用可能。また、IP68の防水防塵性能や1200万画素のデュアルレンズカメラを備えている(XRは単眼レンズカメラ)。価格は、64GBモデルが11万2800円(税別)、256GBモデルが12万9800円(税別)、512GBモデルが15万2800円(税別)となる。

No image

iPhone XSとXS Max

iPhone XS Maxは、iPhone X Plusのような位置づけの大画面モデルだ。有機ELディスプレイ、3D Touch、120Hzのリフレッシュレート、デュアルレンズカメラ、防水防塵性能はiPhone XSと同じだが、画面サイズは6.5インチで、本体サイズはiPhone 8 Plusとほぼ同じ。価格は64GBモデルが12万4800円(税別)、256GBモデルが14万1800円(税別)、512GBモデルが16万4800円(税別)となる。

◆iPhone XRだけは6色から選べる

3モデルとも、CPUはApple A12で、Face IDでの認証に対応。SIM+eSIMを搭載し、もちろん端子はライトニング。カラーは、iPhoneXSとXS Maxがゴールド/スペースグレイ/シルバーの3色、iPhone XRがホワイト/ブラック/ブルー/イエロー/コーラル/(PRODUCT)REDの6色から選べる。もちろん、3モデルともワイヤレス充電規格Qiもサポートする。

No image

iPhone XS/XS Maxは3色(上の写真)、iPhone XRは6色ラインナップとなる

◆旧型ユーザーは、どの新型iPhoneに買いかえればいいのか?

価格で見るなら、iPhone XRが一番安い。とはいえ、Xのように全画面ディスプレイにはなったが、3D Touchには対応せず、防水防塵性能もIP67のまま。カメラはシングルと、スペックは控えめ。

もちろんiPhone 6 Plus以前のユーザーなら、廉価版のXRに買い換えても満足することは間違いなし。ただし、iPhone7や8のユーザーで予算の関係でXSに手が届かないなら、ここは無理をせず7や8を使い続けてもいい。

No image

iPhone XRはホワイト/ブラック/ブルー/イエロー/コーラル/(PRODUCT)REDの6色から選べる

またXRを選ぶなら、なるべく安く済ませるために64GBで十分だ。もし、音楽や動画を保存することが多いなら128GBモデルをオススメするが、XRで256GBモデルにするくらいなら、もう少し頑張ってXSを買ったほうが楽しめそうだ。

もちろん予算がタップリあるならiPhone XS。きっと大満足のユーザー体験が得られるだろう。Xユーザーはともかく、それ以前のボタン付きiPhoneを使っているなら、XSに買い換える価値はある。ただし、いかんせん高い。512GBという大容量モデルがラインナップされたのはうれしいが、15万円以上なのでちょっと手が出ない。しかも64GB、256GB、512GBというストレージのラインナップのため、128GBを選べないのが悩みどころ。わざわざハイエンドモデルを買って使い倒すのであれば、64GBでは足りないことだろう。256GBが狙い所か。

サイズ面で言えば現在、iPhoneのPlusサイズを使っているならXS Max、普通サイズのiPhoneを使っているならXSを選ぶといいだろう。

No image

iPhone XSシリーズはIP68の防水防塵性能を備えているので、雨の日も安心だ

とにかくiPhoneファンであれば、どのモデルもきっちり進化しているので買いで間違いないが、iPhone 6 Plus以前の古い機種からコスト重視で買いかえるならiPhone XR、大画面の全画面モデルを試してみたいなら、iPhone XS Maxが感動しそう。X未体験で普通サイズを使う人なら、iPhone XSを検討してみてはいかがだろうか。

ちなみに筆者は、SIMフリーのiPhone XS Max 256GBを発売初日に購入する予定だ。 <文/柳谷智宣>

【柳谷智宣】

お酒を毎晩飲むため、朝出勤する会社勤めが無理ということで20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープンし、国内外5店舗を展開。2年前には海底熟成ウイスキーを扱う「トゥールビヨン」を立ち上げた

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Apple Watch Series 4先行実機レビュー さっそく腕に巻いて走ってみた!
iPhone・ファンのあいつが、新iPhoneを買わない理由 - マイナビニュース調査
【レポート】iPhone XS Maxの在庫確保!オンラインで簡単に本申し込み
「iPhone XS Max」の画面はどれだけデカイ? 大きさ比較三番勝負
  • このエントリーをはてなブックマークに追加