原口、福留のゲキに呼応 “新4番台頭”へ「頑張らないと」

原口、福留のゲキに呼応 “新4番台頭”へ「頑張らないと」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/19
No image

阪神・原口文仁捕手(24)が17日、福留からの“新4番台頭”を望む声に呼応した。この日、福留が「オレが4番を打ってるようじゃアカン」とゲキ。ベテランからのメッセージに原口が奮起した。

簡単でないことは承知している。「そう言ってくれているので、みんなで頑張らないといけないと思います」。今季、主に4番を張った福留の言葉は自分を含めた若虎へのゲキ。この日、所用でクラブハウスを訪れた原口が力強く反応した。

“4番の重圧”は経験した。今季107試合に出場した中でスタメン4番は5試合で打率・211。自慢の長打も影を潜め、放ったアーチは0本だった。

実際に座った4番のイスは「なかなかヒットが出ず、それは全く違うと思いました。すごいなぁ、という印象」。一方で福留を間近にし「気持ちの中では(他の打順と)一緒だと思ってやっていますけど違います」と重みを実感した。

捕手で勝負したい思いが強く守備も重視。今後、トレーニングで鍛える部位は「全身です。送球につながるようにやっていきたい。肩周りを安定させるように」。右肩に不安も抱えるが「投げるメニューも減らしてもらっている。キャンプからしっかり練習に入っていけるようにしたい」と意欲。主砲の言葉を励みに打棒を磨く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・北條、リオ金の土性から公開ラブコールに照れ笑い
「神ってる」のは大谷翔平より松坂大輔!不条理な年俸格差に野球ファンがぶ然
巨人新守護神候補に超快速メジャーリーガー、マ軍カミネロ!大型補強もう一丁
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
V奪回へ至上命題!阪神・金本監督、広島&巨人との対戦成績「五分に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加