iPhoneソースコードの起動処理部分が流出、すでに拡散か

iPhoneソースコードの起動処理部分が流出、すでに拡散か

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/14
No image

Motherboardは2018年2月8日(米国時間)、「Key iPhone Source Code Gets Posted Online in 'Biggest Leak in History' - Motherboard」において、iPhoneで使われているオペレーティングシステムのうち、起動処理に関係する「iBoot」と呼ばれる部分のソースコードが一時的にGitHubで公開されていたと伝えた。このソースコードだが、現在ではAppleからの要望で公開取消となっている。

公開されたと見られるソースコードはiOS 9向けのiBootとされており、現在広く使われているiOS 11よりも古いバージョンとなっているが、一部はiOS 11でも使われる可能性もあるという。また、Appleの対応やリバースエンジニアリングの結果などから、公開されたソースコードは偽物ではなく本物である可能性が高いことも指摘されている。

このソースコードは今回GitHubに公開されたものが初めてではなく、apple_internalsと呼ばれるRedditユーザーによって昨年の時点でRedditに公開されていたという。ただし、当時は今回ほど注目されずメディアで取りあげられることがなかった。

Motherboardは記事の中で、今回GitHubに一時的に公開されたソースコードはすでにアンダーグラウンドなコミュニティやサークルで広く出回っているおそれがあると指摘している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Apple、3月に新型iPadを発売か!3万円切るお手頃モデルの可能性も
女子高生の「欲しい!」をカタチにしたiPhone 8/iPhone 7向けケースは大人が見ても秀逸!
4.2インチの「iPhone SE 2」が6月のWWDCで登場するというウワサ、端末の詳細は?
iPhone SE 2は6月4日からのWWDCで発表、画面は4.2インチに大型化?
Apple、リチウムイオンバッテリーの原料コバルトを直接調達か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加