リーグ戦首位のパナソニックが逆転で準決勝へ

リーグ戦首位のパナソニックが逆転で準決勝へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

第2Q、逆転のTDパスをキャッチしたパナソニックWR高木

<アメリカンフットボール:Xリーグ:パナソニック20-3オール三菱>◇12日◇準々決勝◇ヤンマースタジアム長居◇日刊スポーツ新聞社ほか主催

リーグ戦を首位で通過したパナソニックが、同10位のオール三菱を下して、準決勝へ駒を進めた。2年ぶりの優勝を目指して、26日準決勝(金鳥スタ)ではIBMと対戦する。

パナソニックは第1クオーター(Q)終盤に相手のパントをファンブルし、自陣中央まで進められ、FGでオール三菱に先制を許した。

第2QにはRB横田惇が約40ヤードを走りきってTDランを決めたかに見えたが、味方の反則でプレーがやり直しとなるなどリズムが作れない。しかし、直後の同9分4秒にQBベンジャミン・アンダーソンがWR高木広次への47ヤードTDパスを決めて逆転した。

荒木延祥監督は、試合直後に「あきませんな」とため息。オール三菱とはリーグ戦の順位に差があることから、選手が練習通りのプレーをしなかったという。「選手に余計な欲が出た。何事にも動じない精神力が必要」と厳しい表情で振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
性的虐待まん延の米体操界、新たに五輪金メダリストが被害告白
中村俊輔が“サッカーセンス論”を激白 闘莉王を引き合いに断言「自主練を見れば分かる」
10歳ボールボーイに暴行の衝撃...乱闘勃発 世界で波紋「醜悪」「言い訳無用のタックル」
謎の美人記者も!? 8人のレジェンド、司会リネカーなどW杯組分け抽選会のゲストが決定!
ペルーのW杯出場資格剥奪の可能性が急浮上!? 失格なら...代わりに出場する国は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加