故平尾氏母校「伏見工」校名ラス闘飾れず

故平尾氏母校「伏見工」校名ラス闘飾れず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

◇全国高校ラグビー代表決定戦 京都 伏見工・京都工学院14―22京都成章(2017年11月12日)

No image

敗退し、「伏見工」の文字は数々の記憶とともに幕を下ろした

伏見工・京都工学院は学校統合により、伏見工の3年生と京都工学院の1、2年生で構成。日本代表監督を務めた故平尾誠二氏の母校で、4度の日本一を誇る「伏見工」の校名で戦う最後のシーズンだったが、京都成章に14―22で敗れた。

OBでもある松林拓監督は「この名前は凄く重い。全国に行って花園で活躍させてやりたかった」と目頭を押さえた。部の礎をつくった山口良治総監督は「素晴らしい先輩の伝統を引き継ぎ、名前が変わっても多くの人に感動してもらえるような、いいラグビーをしてほしい」と話した。来年度からは京都工学院としてスタートする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
『ドクターX』大門未知子の“新設定”に「後づけにもほどがある」「何でもあり?」とツッコミ続出
悪質な神戸製鋼に対して、被害者のJR東海が発した深いメッセージ
二階堂ふみ 「ぐるナイゴチ」涙の卒業...「お芝居の方に集中」、メンバーびっくり
脱げる女優・佐々木心音×AV女優・紗倉まな「女の子たちが、絶対通る道」を語る──
安室奈美恵“子離れ”できず「お前うぜえよ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加