岡田、4カ月ぶり登板も乱調 2軍に逆戻り「結果が全てなので...」

岡田、4カ月ぶり登板も乱調 2軍に逆戻り「結果が全てなので...」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/08/15
No image

9回、厳しい表情でベンチへ戻る広島・岡田明丈

「広島1-7巨人」(14日、マツダスタジアム)

広島・岡田明丈投手が4月11日・ヤクルト戦以来約4カ月ぶりに登板し、1/3回を1安打2四球3失点。試合後に2軍降格が決まった。

1-4の九回に4番手として登板。先頭の坂本勇に四球を与え、続く丸は空振り三振に取ったが、岡本に左越えの適時二塁打を許した。なお1死二、三塁で山本に四球を与え、交代を告げられた。

前日に再昇格していたが、与えられた好機を生かせず。「結果が全てなので、また下で頑張ります」と悔しさをにじませた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人中川11試合ぶり登板「抑えられてよかった」
履正社・井上 決勝での逆転弾は副島以来史上2本目
池江璃花子の祖父、現状は「あまりよくはないです」
元TBS・枡田絵理奈アナ、夫・堂林翔太の“誕生日祝いアピール”が痛すぎて批判殺到
楽天島内9号3ラン「自分の番」母校星稜の奮闘刺激
  • このエントリーをはてなブックマークに追加