一票格差「違憲状態だが有効」高裁金沢支部

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/18

一票の格差が最大で3.08倍だった7月の参議院選挙について、名古屋高裁金沢支部は17日、「違憲状態」としながらも、選挙の無効については認めなかった。定数是正後に行われた7月の参院選では、先週の広島高裁岡山支部に続いての「違憲状態」判決となる。

この裁判は今年7月の参院選について、憲法が定める投票価値の平等に反するとして、弁護士グループが選挙の無効を求めて全国14の裁判所で起こしているもの。今年の参院選は、議員定数を「10増10減」とした新たな区割りで実施されたが、それでも最も有権者数の少ない福井に比べ、一票の格差は石川で1.46倍、富山で1.38倍となっている。

名古屋高裁金沢支部は17日、「区割りの改定で格差は縮小したものの、投票価値の不平等状態は解消していない」と指摘。選挙は「違憲状態」であるとの判断を示した。しかし、選挙そのものは有効であるとして、原告側の訴えを退けた。

原告側は判決を不服として、即日、上告している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
炎上車両の男性死亡 横浜横須賀道路で正面衝突
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
非公開の東京メトロ「10番目の路線」へ 「シークレットツアー」に潜入
千葉大医学生も! 有名大で強制わいせつ・強姦事件が続出〜被害者の「セカンドレイプ」を防ぐには
溺死の少年「帰ってこなければ迎えに来て」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加