Opera 51、Speedometer 2.0ベンチでFirefoxより38%高速

Opera 51、Speedometer 2.0ベンチでFirefoxより38%高速

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/14
No image

Opera Softwareは2018年2月7日(現地時間)、「Opera 51 comes with improved browsing speed - Opera Desktop」において、Operaの最新版となる「Opera 51」の公開を伝えた。

Opera 51には、タブクリックによるページトップへのスクロール、ブックマークマネージャへブックマークインポートボタンの追加、ビデオポップアウトの改善、プライベートモードのデザイン変更といった機能追加や機能改善が取り込まれている。

同社は発表の中でSpeedometer 2.0ベンチマークの結果に言及。Mozillaがリリースした最新のFirefox 58とOpera 51のベンチマーク結果に触れ、Opera 51のほうがFirefox 58よりも38%高速だったと指摘している。Opera SoftwareはOperaの高速化に取り組んでおり、Windows版のOpera 51はLLVM Clangでコンパイルされているという説明もある。

Net Applicationsの報告によれば、2018年1月におけるデスクトップブラウザでのOperaシェアは1.60%。同月のシェア1位はGoogle Chrome(61.41%で)、これにInternet Explorer、Firefox、Edge、Safari、Sogou Explorerが続いている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで最大80%以上オフも! JBLのBluetoothスピーカーや軽量・超薄型モバイルバッテリーがお買い得に
MLC採用の超小型USBメモリーがTranscendから販売中
4980円で買える4K 60P/HDR対応のHDMIセレクター
史上最悪規模のDDoS攻撃 「Mirai」まん延、なぜ?
楽天携帯、いきなり時代遅れ。設備投資たったの6000億で関係者も失笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加