小学生に水筒はいらない

小学生に水筒はいらない

  • アゴラ
  • 更新日:2019/09/22

上田令子都議の「子ども無視の水筒中身「水」限定問題、記者会見敢行!」は、議論の出発点が間違っている。「水筒を持参しなくてよい環境」を作るという発想がどこにもない。

小学生が水筒を持参するようになったのは、そんなに昔のことではない。
昔から、小学校には「水飲み場」があって、水道水を自由に飲めたのである(写真)。

No image

pakutaso.com

職場でもウォーターサーバーやティーサーバーが用意されているところはあるのだが、そんなに高額の機材はいらない。

小学校の水飲み場を再整備して、定期的な清掃と水質チェックさえすれば、水道水を飲むことができる。水筒はいらないのである。

そもそも、生徒に水筒を持参させると、ただでさえ多くて重い持ち物をさらに増やして、健康に良くない。20kg程度しかない小学校低学年が、ランドセルや水筒を含めると、6kgもの学用品を持って登校しているのだ。(参照:ランドセルメーカーの株式会社セイバン

私は、小学校が、私物を持ち帰らせることにこだわる「置き勉禁止ルール」にも言いたいことはあるが、それは別の機会にしたい。

井上 晃宏(医師)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スズメバチに100カ所刺され死亡 「畑見に」と山へ
ドコモ店員のポイントで...ギフト券に交換し転売か
武蔵小杉が騒然、タワマンで下水道がパンク......台風19号で露呈した「デベロッパーの“売り逃げ”商法」
多摩川氾濫から一夜、「世田谷セレブエリア」想定外の惨状
内定を取り消されてしまった大学生 その理由に大人からは賛否両論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加