フリーキャスター堀尾正明が並んででも食べたい「湯麵」とは?

フリーキャスター堀尾正明が並んででも食べたい「湯麵」とは?

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/11/13
No image

湯麺(たんめん)コショウを強めに利かせて強火で炒め上げた、モヤシ、ニラ、ニンジン、キクラゲなどボリュームたっぷりの具が特徴。野菜のうまみが濃厚にしみ込んだスープとともに頂くと、自分の食欲にビックリするはずだ。お好みでラー油をトッピングすると、さらに野菜とスープの味が引き立つ。1000円(税込み)(撮影/倉田貴志)

著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回、フリーキャスター・堀尾正明さんの「支那そば屋 こうや」の「湯麺」だ。

【堀尾さんオススメの湯麺が食べられるお店はこちら】

*  *  *

ずっと気になっていた店でした。何しろ、前を通るといつも満席。そんなにおいしいのかと思っちゃうじゃないですか。意を決して行列に並び、カウンターに。ビールのつまみに頼んだ皿わんたんが、なかなかイケる。

期待を込めて湯麺を頼むと、その大きさに驚きました。野菜が山盛りです。食べきれるかなと思いながら箸を伸ばすと、これがうまい。野菜もスープも麺も絶妙です。あっという間にスープまで完食していました。

以来、野菜不足を感じた時や極度の空腹の時に立ち寄るようになりました。スタッフを誘って行くこともありますが、私のセレクトはいつも湯麺です。

ただ一度だけ名物の極辣麺(カライカライソバ)に浮気しました。ある時、隣の男性が「うぉぉぉぉ~」と唸りながら食べていたのを見て、辛い物好きの血が騒いでしまった。店員さんから「辛いからやめときな」と言われて、よけい挑戦したくなってしまいました。最後までおいしくいただきましたが、辛すぎです。浮気した自分を反省して、今は湯麺一筋です(笑)。(取材・文=鈴木裕也(本誌))

「支那そば屋 こうや」東京都新宿区四谷1‐23 上野KGビル1階/営業時間:11:30~22:30/定休日:日曜・祝日(お盆休み、年末年始休みあり)

※週刊朝日  2017年11月17日号

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
この冬わざわざ食べに行きたい!ご当地で味わう絶品“旬”グルメ19選【東日本】
クリスマスを盛り上げる!憧れホテルのクリスマスケーキ2017
群馬県のデカ盛り集中地帯★桐生市の盛りの良い店8選
11月見頃の秋絶景!おすすめ日帰り紅葉デートスポット10選【関東】
「さぬきうどん」かと思ったら「手抜きうどん」だったでござる! どれだけ手を抜いているのか、たしかめてみたッ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加