「劇場版マジンガーZ」初日に水木一郎、上坂すみれ、永井豪らみんなで「ゼーット!」

「劇場版マジンガーZ」初日に水木一郎、上坂すみれ、永井豪らみんなで「ゼーット!」

  • ナタリー
  • 更新日:2018/01/13

本日1月13日に東京・丸の内TOEIで行われた映画「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」の初日舞台挨拶に、キャストの森久保祥太郎茅野愛衣上坂すみれ花江夏樹宮迫博之雨上がり決死隊)、オープニングテーマを歌う水木一郎、監督の志水淳児、原作者の永井豪が登壇した。

No image

前列左から宮迫博之、水木一郎、永井豪、森久保祥太郎。後列左から志水淳児、上坂すみれ、茅野愛衣、花江夏樹。

すべての写真を見る(全6枚)

No image

「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」は、「マジンガーZ」のテレビシリーズの最終回から10年後の世界を舞台にした映像作品。水木が歌う主題歌「マジンガーZ / INFINITY バージョン」は、渡辺宙明が作曲した初代のオープニングテーマ「マジンガーZ」を彼の息子である渡辺俊幸がリメイクしたもので、昨年12月に配信リリースされている。

舞台挨拶に登場した水木は、今作に携わったことについて「感動のひと言。45年前にテレビで歌った歌を映画で新たに歌えたということは、アニメ史上でもなかなかない。奇跡に近い」とコメント。さらに歴史あるテーマソングを新録するにあたり、「どうしたら皆さんに納得してもらえるのかがわからず、怖かった。前のものを捨ててもいけないし、新しいものを取り入れなければいけない。だから一度すべてを忘れて、新曲をもらったような真っ白な気持ちでレコーディングしました」と心境を明かした。

No image

原作ファンでもあるという上坂は「高校生のときにたまたま古本屋で『マジンガーZ』の本を手に取ったのが出会いでした。今回新作でまったく新しいキャラクターを演じさせていただいて、しかも永井先生とこうして同じステージに立つことができて本当に胸がいっぱいです」と感激する様子を見せた。また自身が演じる人型アンドロイドの新キャラクター・リサについて「永井先生の作品に出てくるアンドロイドというのはいつか敵になってしまうんじゃないかと思ったのですが(笑)、でもリサさんは人間になりたいというピュアな心を持った新しいタイプのキャラクターなので心を込めて演じさせていただきました」と語った。

イベント終盤では水木が「国家のような歌です」と紹介したオープニングテーマ「マジンガーZ」を熱唱。登壇者も観客も一体となって“おなじみ”のテーマ曲を大合唱し、歌い終えると会場は「アニキ!」の歓声に包まれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
般若、UZIとZeebraに激怒「あんたら世代の意識の無さ」 痛烈なディス
”東京大雪の日に舞い降りた妖精”福島雪菜 初水着グラビアに反響続々
滝沢カレン“上半身ヌード”に反響続々「申し訳ないですが...」滝沢節でコメント
安室の紅白出場で見えてしまった“芸能界の裏”
V6・森田剛&宮沢りえ“デキ婚”報道の裏に、りえ本人の「実は妊娠したんです」発言あった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加