ブルゾン 年末賞レースで5冠 「激変」の1年に恐縮

ブルゾン 年末賞レースで5冠 「激変」の1年に恐縮

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07
No image

大賞を受賞したブルゾンちえみ(中央)。左はブリリアンの徳田浩至、右は杉浦大毅=東京・虎ノ門ヒルズフォーラム(撮影・開出牧)

お笑いタレントのブルゾンちえみ(27)が6日、都内で行われた「Yahoo!検索大賞2017」授賞式で大賞とお笑い芸人部門賞をダブル受賞した。これで年末の賞レース“5冠”目となり「1年にいろんなことがあって現実味がないです。激変という言葉が本当に合ってます」と恐縮した。

同賞は、検索サービス「Yahoo!検索」のデータをもとに、前年から検索数が急上昇した人物、ものなどを表彰する。かつては自身を検索しようと「ブ」を打ち込むと米歌手ブルーノ・マーズ(32)が出てきたといい「今は『ブルゾンちえみ』が候補に出てくる。感動でした」とブレークを実感している。

1月1日のお笑い番組で注目の若手として優勝。印象的なメークとぱっつん前髪で1年を駆け抜けた。キャリアウーマンネタでの「35億」の決めぜりふは流行語となり、ネタ中に流す米歌手オースティン・マホーン(21)の「ダーディ・ワーク」までヒットした。

ピン芸人決定戦「R-1グランプリ」で初めて決勝に進出するなど本業が好調な上、4月クールのドラマ「人は見た目が100パーセント」にレギュラー出演。8月の日本テレビ系「24時間テレビ」でマラソンランナーに抜てきされるなど、話題を振りまいた。活動を反映し、名前に続く第2検索ワードには「マラソン」「メイク」「曲」「ドラマ」などが多かったという。

“今年の顔”として年末の賞レースを席巻しており「小学館DIMEトレンド大賞」「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR」「ユーキャン新語・流行語大賞 トップ10」「ORICON クイーン・アワード」に続いての受賞となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
かつて「世界一美しい少女」と呼ばれた6才児 → 10年後にこうなった / 再び「世界で最も美しい顏」に! ティラーヌ・ブロンドーさん(16)
妻の不倫でメディアに“倍返し”した太川陽介の「してやったり」
漁師は娘を抱きしめて凍死した――吹き荒れた「爆弾低気圧」とその後の希望
某人気芸人、各局が一斉に起用自粛か...収録中にキレて制御不能、ウケる若手許せず
RIKACO、水着姿を披露 圧巻のプロポーションに同世代女性から「尊敬します」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加