【MLB】大谷、土壇場9回満塁で同点2点打 バット折りながら中前へ、エ軍は逆転勝利

【MLB】大谷、土壇場9回満塁で同点2点打 バット折りながら中前へ、エ軍は逆転勝利

  • フルカウント
  • 更新日:2018/05/24
No image

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第5打席で執念の2点タイムリー、12打席ぶりヒットが貴重な一打&メジャー初盗塁も

エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ブルージェイズ戦に2試合連続で「5番・DH」でスタメン出場。2点を追う9回1死満塁から同点に追いつく2点タイムリーを放った。エンゼルスは土壇場で一気に逆転に成功し、5-4で勝利した。

相手先発は2016年に防御率3.00をマークし最優秀防御率のタイトルを獲得した右腕のA.サンチェス。第1打席は2回無死一塁の場面で外角直球に空振り三振。4回の第2打席は四球を選んだ。

0-2で迎えた5回の第3打席。2死一、二塁の好機で打席に向かった大谷だったが左飛に倒れる。1-3で迎えた7回の第4打席は1死二塁と再びチャンスを迎えたが真ん中の直球に手が出ず見逃し三振に終わった。

2点を追う9回。大谷は7番手右腕クリッパードと対戦。1死満塁の絶好機で1ボールからの2球目、バットを折りながらも中前に同点の2点タイムリーを放った。一塁上では思わずガッツポーズも飛び出した。

大谷はさらに、シモンズの打席で二塁へ。相手は投げなかったものの、メジャー初盗塁が記録された。そして、続くシモンズがセンター前に勝ち越し2点タイムリー。大谷も生還し、5-3とした。9回裏はパーカーが1点を失いながらも何とかリードを守り、エンゼルスが逆転勝利を飾った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【「プロ妻」に登場!】松井稼頭央選手の妻特製!味がビシッとキマる「Mioタレ」って?
渋谷恒例大騒ぎ スクランブル交差点に歓喜の渦、DJポリスも
W杯のコロンビア戦で一発退場した選手がヤクルト・山田哲人に激似と話題 / ネットの声「見れば見るほど山田哲人」
横浜DeNAベイスターズのオフィシャルホテルが登場!
オールスター・ファン投票の中間結果発表!ソフトバンク・柳田が全体トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加