通潤橋工事公開 熊本 地震被害修復年内にも

通潤橋工事公開 熊本 地震被害修復年内にも

  • 西日本新聞
  • 更新日:2018/02/15

豪快な放水で知られ、熊本地震で被災した国指定重要文化財の「通潤橋(つうじゅんきょう)」(熊本県山都町)の保存修理工事現場が14日、報道陣に公開された。普段は土の下に埋まっている3本の通水管が現れ、橋の仕組みを知ることができる。

江戸時代後期の1854年、水に恵まれなかった白糸台地に通水するために架けられた全長約76メートル、高さ約20メートルの石橋は、地震で漏水したため通水を止め、立ち入りを禁止している。

工事は昨年4月に始まり、通水管の継ぎ目約230カ所のしっくいを詰め替えたほか、地震でずれた石垣の積み直しなどを進めており、今年末の完了を目指す。橋を一望し、工事の様子が分かる見学台が3月25日まで公開される。

町の担当者は「通潤橋は復興のシンボル。放水を楽しみにしている観光客のためにも、できるだけ早く終わらせたい」と話した。

=2018/02/15付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
墓石の下敷きで4歳児重体、引率の保育士気付かず
陸自隊員の新制服 全配布に10年も 予算確保や生地調達苦慮 士気低下の懸念も
1998年と2015年の新旧トヨタ・カローラを衝突させると壊れ方がこんなに違う
コンビニ店員に多大なストレス?厄介な「成人誌」問題...ミニストップ全店舗撤去の真の狙い
女児誘拐容疑で男逮捕、容疑者宅で19歳少女も保護
  • このエントリーをはてなブックマークに追加