髪を洗うという意味ではない?シャンプーの語源とは

髪を洗うという意味ではない?シャンプーの語源とは

  • 頭美人
  • 更新日:2016/10/20
No image

髪を洗うという意味ではない?シャンプーの語源とは

シャンプーの語源をご存知でしょうか。実は髪を洗うという意味ではないのです!
そこでシャンプーのもともとの語源からシャンプーの元来の目的を解説していきます。

シャンプーの語源とは

現在、日本ではシャンプーというと髪を洗うことや、髪を洗うときに使用する洗剤のことを指す言葉になっています。しかしもともとの語源はかなり違うものなのです。

シャンプーは外来語で英語のShampooからきています。このShampooはヒンズー語の押すという意味がもとになっており、頭皮マッサージのことを指す言葉として使用されていました。
このようにシャンプーの本来の意味は、「髪を洗うことではなく、お湯やハーブを使用して頭皮をマッサージすること」だったのです!

頭皮マッサージの重要性

このように古くからおこなわれていた頭皮マッサージは、髪や頭皮の健康を維持する重要な施術でした。頭皮に詰まっている汚れを落とすだけではなく、頭皮の血行促進効果もあるため、頭皮の乾燥や栄養不振を防ぐ効能も得られます。

語源からわかる正しいシャンプーの仕方

頭皮をマッサージしながらおこなう正しいシャンプーの仕方を説明します。

1.まずシャンプーをする前に下準備として、ブラッシングで頭皮の汚れを浮き上がらせます。

2.続いてお湯洗いのみで髪と頭皮を洗っていきます。指の腹を使い優しくマッサージしながら洗いましょう。
指の第一関節をうまく使うとスムーズにマッサージがおこなえます。

3.続いてシャンプーを付けて洗います。シャンプーを付けると髪の汚れはすぐに落ちますので、頭皮の洗浄をメインにおこなってください。

4.最後にすすぎです。襟足や耳の後ろは特に洗い残しやすい箇所ですので、重点的にすすぎましょう。すすぎはシャンプーよりも時間をかけしっかりおこなってください。

慣れないうちは、うまくできないかもしれません。しかし頭皮をマッサージし、汚れを落とすことを意識するだけでも汚れは落ちやすくなり、マッサージ効果も得られます。
正しいシャンプーの仕方で、健康な髪と頭皮を手に入れましょう!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
超初心者向け! ダイソーの「シニヨンじょうず」を使ってみよう
500人女性に聞いた!「ダイエットにイイと感じた入浴法」1位は...
《定番アイテムに愛着を❤︎》SNSで話題の【#ヴァセリンデコ】に挑戦♪保湿だけじゃない!?︎おすすめ活用法10選も教えちゃう(* ́∀`)b
「前髪あり」VS「前髪なし」どっちの女性が好き? 約8割の男性の回答は......
イルミネーションで5割増し!男性がグッとくる冬メイクの特徴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加