北米トラックオブザイヤー2017、最終選考3車...ホンダと日産が残る

北米トラックオブザイヤー2017、最終選考3車...ホンダと日産が残る

  • レスポンス
  • 更新日:2016/11/30
No image

北米カーオブザイヤー主催団体は11月16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー16において、「2017北米カーオブザイヤー」のトラック部門の最終選考3車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今回が24度目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

これまで、北米カーオブザイヤーは、「乗用車」と「トラックおよびユーティリティ」の2部門だった。今回からトラックとユーティリティを別部門化し、乗用車、トラック、SUVの3部門とする。

2017北米カーオブザイヤーのトラック部門の最終選考3車種は以下の通り。

フォードFシリーズ スーパーデューティ
ホンダ リッジライン
日産タイタン

米国の大ベストセラー車、フォード『Fシリーズ』に、日本の2車種が挑む構図。なお、「スーパーデューティ」は、フォードFシリーズの過酷な使用を想定したグレード。

また、新型ホンダ『リッジライン』は2世代目。中型ピックアップトラックのカテゴリーに属する。大型ピックアップトラックの新型日産『タイタン』も2世代目。ノミネートされたのは、最大積載量0.5トンのモデル。

なお、2017北米トラックオブザイヤーは2017年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー17で決定する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ランクル・バー & クラリティ・ツリー...東京京橋の新スポットでイベント
【CES 17】米ファラデー、テスラ対抗EVはミラーレスに
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
レクサスの新型『LS』は先進テクノロジー満載のフラッグシップセダン
東京メトロ、銀座一丁目駅に全国3例目のふるさと納税支援自動販売機を導入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加