【愛知杯】エテルナミノル 重賞初V たのも“四位”~!ベテラン代打騎乗できっちり

【愛知杯】エテルナミノル 重賞初V たのも“四位”~!ベテラン代打騎乗できっちり

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/19
No image

鮮やかに重賞初Vを決めたエテルナミノル(右)

「愛知杯・G3」(13日、中京)

力強く抜け出した。好位から積極的に運んだ6番人気のエテルナミノルが快勝。直線、後続の猛追をしぶとく封じ込んで重賞初制覇を果たした。「スタートが決まって、すんなりと流れに乗れたことが大きいね」と四位が振り返る。前走の鞍上・和田の騎乗停止によって巡ってきたチャンスを、45歳のベテランがきっちりとモノにした。

もともと素質は高かったものの、ゲート難が災いし、これまで安定した結果を残すことができなかった。前走のターコイズSも発馬機内で暴れて痛恨の出遅れ。必死に追い込むも5着に終わっている。本田師は「この中間、ゲート練習をしてきた効果はあったね。(ゲートが)怖いものではないことを教えてきたんだよ。発馬さえまともなら、前走も勝ち負けになっていたはずだから」と納得の表情でうなずいた。

今後について、指揮官は「これで少しレース間隔をあけられる。馬体がしっかりして中距離も持つことは分かったけど、春の目標はヴィクトリアマイル(5月13日・東京)になるかな」と言及。年明けの桶狭間で結果を出したエンパイアメーカー産駒の5歳牝馬が、さらなる強敵が集う舞台を目指して歩みを進める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
指原莉乃が披露した「サシコ100%」批判の声が集中
インフルエンザ20分おきに「あること」を行うだけで予防に繋がる!?簡単な予防法が話題に!
マラソンでゴール目前の選手が倒れる→後ろの女子高生ランナーが抱きかかえてゴール、優勝を手助けする
専門家に聞いた!正しい姿勢で心も身体も元気はつらつ
マナー最低男子ばかり! 女子よりも後に改札を通るな! ダメ男子の特徴5つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加