参議院定数6増...自民党が公選法改正案を提出

参議院定数6増...自民党が公選法改正案を提出

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/06/15
No image

動画を見る(元記事へ)

自民党は参議院の定数を6議席、増やすことなどを盛り込んだ公職選挙法の改正案を国会に提出しました。

改正案は合区によって立候補できない候補者を救済するのが狙いで、比例代表の改選議席を2増やし、特定枠として優遇します。また、一票の格差を是正するため、埼玉選挙区で改選議席を1増やし、全体として参議院の定数は6増えて242議席から248議席となります。自民党は来年夏の参議院選挙から適用したい考えで、今の国会での成立を目指していますが、野党側は「自民党の党利党略だ」と批判しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
沖縄「慰霊の日」に総理 「普天間基地移転進める」
「オール沖縄」苦戦は避けられない!? 新潟県知事選と共通する“ある構図”とは...
沖縄「慰霊の日」に翁長知事 辺野古移設容認できず
「勘弁して」発言で波紋 集中審議や党首討論で合意
がん患者へのヤジ議員 がん研究財団の理事を辞任
  • このエントリーをはてなブックマークに追加