太平洋戦争期の日本の戦艦 フィリピンで5隻発見か

太平洋戦争期の日本の戦艦 フィリピンで5隻発見か

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/08
No image

動画を見る(元記事へ)

アメリカの資産家の調査チームがフィリピン南部の海底で、太平洋戦争で撃沈された日本の戦艦などとみられる5隻を発見したと発表しました。

マイクロソフトの共同創設者、ポール・アレン氏が率いる調査団はフィリピンのスリガオで記者会見を行い、太平洋戦争で沈没した日本の戦艦「山城」「扶桑」のほか、駆逐艦「満潮」など合わせて5隻をスリガオ沖の海底で発見したと発表しました。5隻は水深100メートル以上の海底に沈んでいて、アメリカ軍による攻撃と海流により船体は激しく損傷しているということです。近くには重巡洋艦「最上」も沈没しているとみられていますが、今回は発見できなかったとしています。調査団は2015年にも、フィリピンの海底で戦艦「武蔵」を発見したことでも知られています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
風俗店の入るビル火災 重体女性が死亡 さいたま市
同僚の男2人に体内に空気入れられ男性が死亡
ブラック企業大賞にノミネートされた企業って、その後どうなるんです? 運営委員会に聞いてみた
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
「夢や目的を持つ魅力ある旅行」タイ国際航空初の学生アンバサダーキャンペーン報告会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加