侍ジャパン3番・近藤健が存在感 2試合連続マルチ

侍ジャパン3番・近藤健が存在感 2試合連続マルチ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

◇侍ジャパン練習試合 侍ジャパン6―0西武(2017年11月13日 清武SOKENスタジアム)

No image

7回1死二塁、左前打を放つ近藤

侍ジャパン3番・近藤健が鋭い打球を左右に飛ばし、クリーンアップ入りを決めた。前日は5番で2安打1打点し、この日は「3番・DH」。2―0の3回に右中間適時二塁打で加点すると、7回も左前打し「しっかり振り切れたので良かった。本番もいい形で入れる」と手応えを口にした。

今合宿中、稲葉監督は近藤健を2番に起用する超攻撃的プランも口にした。そんな中、2試合連続の2安打。得点圏での勝負強さが光り「近藤が2番に入ると、誰が3、5番を打つんだとなる」と中軸での起用を決めた。今季は椎間板ヘルニアの手術を受け57試合出場にとどまったが、打率4割を超えた打棒は健在。「2安打ずつ出て良かった。チームの勝利に貢献したい」と大会を見据えた。(神田 佑)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女性に乱暴容疑で逮捕された元阪神タイガース選手に球界衝撃
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
移籍先が決まった戦力外・自由契約組
二刀流起用の本気度で計った大谷翔平獲得の本命球団とは?
番長、大魔神、マシンガン打線...ハマスタ伝説甦る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加