日体大37年ぶり決勝、プロ注目松本「強気で」完封

日体大37年ぶり決勝、プロ注目松本「強気で」完封

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/15
No image

東洋大対日体大 東洋大に完封勝利した日体大・松本(左から2人目)はガッツポーズする。手前右は最終打者の東洋大・諏訪(撮影・滝沢徹郎)

<明治神宮野球大会:日体大4-0東洋大>◇14日◇大学の部準決勝◇神宮

日体大が東洋大を0封し、37年ぶりの決勝進出を果たした。

来秋ドラフト候補の最速150キロ右腕、松本航投手(3年=明石商)が4安打完封。「自分が気持ちで引いたらだめだと思った。強気で攻めていこうと思った」と148球を投げきった。3者凡退に終わったのは初回だけ。序盤、中盤、終盤と得点を重ね常に試合をリードした。古城隆利監督は「最後は東洋の気迫を感じたが、今日はうちの選手も気合が入っていた。ベストゲームをしないと勝てないと思っていた。あとは全力でしっかり明日の準備をしたい」と締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ左腕チェン韓国戦で先制点許して降板、6回途中1失点快投も援護なし
オリックスが大和とFA初交渉 3年総額3億円...福良監督もサプライズ登場
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
オリックスが大和に福本、糸井の「7」と3年3億
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加