北米COTY 2020、トヨタ スープラ や マツダ3 が 選出...セミファイナル12車種

北米COTY 2020、トヨタ スープラ や マツダ3 が 選出...セミファイナル12車種

  • レスポンス
  • 更新日:2019/09/23
No image

トヨタ・スープラ(米国仕様)

もっと画像を見る
北米カーオブザイヤー主催団体は9月20日、「2020北米カーオブザイヤー」(2020 North American Car of the Year)の乗用車カテゴリーのセミファイナリスト12車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今年で27回目だ。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

2020北米カーオブザイヤーの乗用車カテゴリーのセミファイナリスト12車種は、以下の通り。

●BMW 3シリーズ
●キャデラックCT5
●シボレー・コルベット・スティングレイ
●ヒュンダイ・ソナタ
●キア・ソウル
●マツダ3
●メルセデスベンツAクラス
●ポールスター1
●ポルシェ911
●スバル・レガシィ
●トヨタ・スープラ
●フォルクスワーゲン・アルテオン

日本メーカーでは、新型トヨタ『スープラ』、新型『マツダ3』、新型スバル『レガシィ』の3台が、セミファイナリストに。前回は、新型『リーフ』と『アルティマ』が選ばれた日産、新型『インサイト』が選ばれたホンダは、今回はセミファイナリストに残っていない。

また欧州勢では、新型BMW『3シリーズ』、新型メルセデスベンツ『Aクラス』、新型フォルクスワーゲン『アルテオン』、新型ポルシェ『911』、ポールスター『1』の5台がセミファイナリストに。前回は新型『A6』が選ばれたアウディは、今回はセミファイナリストに選ばれていない。

2020北米カーオブザイヤーは2020年初頭、米国で発表される予定だ。前回は、ヒュンダイの高級車ブランド、ジェネシスの『G70』が獲得した。同車は、BMW3シリーズやアウディ『A4』、メルセデスベンツ『Cクラス』をライバル視している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「トランプ再選」を後押しか? FRBの資産再拡大が意味するもの
KDDI「最大半額」撤回、端末値引き最大3分の1に
いきなり!ステーキ、売上35%減の大ピンチ。業績悪化3つの敗因
消費増税"9カ月後"にやってくる恐ろしい真実
三菱グループ、創業150年で人材育成の財団設立
  • このエントリーをはてなブックマークに追加