東京安間新監督で公式戦6戦ぶり勝利/東-仙26節

東京安間新監督で公式戦6戦ぶり勝利/東-仙26節

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16
No image

就任後初めて指揮を執る東京の安間新監督(撮影・秋吉裕介)

<明治安田生命J1:東京1-0仙台>◇第26節◇16日◇味スタ

監督交代の荒療治を打ったFC東京が、ベガルタ仙台を下して公式戦6試合ぶりの勝利を挙げた。

ホーム東京は前節C大阪戦に1-4で敗れて公式戦5連敗。篠田善之前監督(46)を解任し、安間貴義ヘッドコーチ(48)が昇格した。初采配の一戦は3-4-2-1にマイナーチェンジした新布陣で臨み、ダブルボランチの高萩を中心にボールを保持したが、前半はゴールを割れなかった。

対する仙台は前半25分に前東京のMF三田がシュートを放ったが、DFに阻まれた。J1ではアウェー東京戦に勝ったことがない仙台も、無得点で前半を折り返した。

後半に入ると、まず仙台がチャンスをつかむ。2分にMF野津田が無回転FKでゴールを脅かすと、9分にも左足と右足で連続ミドルシュート。いずれもGK林に防がれたものの、雨中で応援するサポーターに期待は抱かせた。

0-0で試合は進み、後半22分に東京が均衡を破った。右CKをMF太田が左足で上げると、韓国代表DFチャン・ヒョンスが飛び込んで頭を合わせる。これがゴール左に突き刺さって待望の先制点を奪った。

追う仙台はMF梁、FWクリスランを投入。攻勢を強めて32分にはゴール正面でMF野津田がチャンスを迎えるが、左足シュートはゴール右に外れた。

このまま東京が逃げ切って安間新監督に初勝利をプレゼント。2季連続のシーズン途中監督交代という苦境から東京が1歩を踏み出した。仙台は前節鳥栖に4-1で勝った勢いを生かし切れず、東京戦6連敗となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【土屋雅史氏のJ2展望】京都vs湘南は、首位湘南の勝利が堅軸...愛媛はホームでの横浜FC戦に好相性
【柏】武富孝介も「笑ってしまった」。サポーターからのバースデーサプライズが面白い
立命大が無傷3連勝「ピリっとしない試合」米倉監督
【鹿島】レジェンド釜本氏と肩を並べる大記録を達成!それでも曽ケ端準が口にしたのは...
Fリーグ17/18 第17節プレビュー ヴォスクオーレ仙台vs.シュライカー大阪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加