ハードロック・ジャパンが音楽を軸にリゾート開発。ミューズ来日公演にも協賛

ハードロック・ジャパンが音楽を軸にリゾート開発。ミューズ来日公演にも協賛

  • rockinon.com
  • 更新日:2017/11/14
No image

世界74カ国にて200以上の施設を展開するハードロック・インターナショナル(本社:フロリダ州、オーランド、会長:ジム・アレン)の日本法人、ハードロック・ジャパン(本社:東京都港区、CEO:エドワード・トレーシー)が、日本における統合型リゾートの構想「ハードロック・エクスペリエンス」を発表した。

カフェやホテル、エンターテイメント施設の開発・運用において様々な実績を持つハードロック・インターナショナルだが、ハードロック・ジャパンではハードロックならではの「音楽をDNAに」、子どもからシニアまで幅広い世代が楽しめる統合型リゾートの開発を目指すという。

なお、「ハードロック・エクスペリエンス」とは日本の現代の文化を尊重し、同時にハードロックが将来的に日本に提供できる音楽、スポーツ、ホスピタリティ、エンターテイメントへのビジョンを示すものと定義されている。

この「ハードロック・エクスペリエンス」の第一弾として、本日も行われるミューズの来日公演への協賛を実施、今後もコンサートなどのエンターテインメント分野のみならず、学術分野やスポーツなどを含む様々な活動を新ロゴの元で行っていくということだ。

No image

ハードロック・ジャパン公式サイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
次世代タクシーがお目見え! それに伴い、欠かせない「アレ」もリニューアル?
「いきなりステーキ」株価いきなり大高騰の理由
"年間1.6億人"が来るサイゼリヤの客単価
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加