大阪桐蔭 今秋ワースト7失点 根尾「ミスを重ねた」 連勝12でストップ

大阪桐蔭 今秋ワースト7失点 根尾「ミスを重ねた」 連勝12でストップ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

◇第48回明治神宮野球大会第4日・高校の部準決勝 大阪桐蔭4―7創成館(2017年11月13日 神宮)

No image

<大阪桐蔭・創成館>帽子を飛ばして力投する大会初登板の根尾。4回を投げて7奪三振1失点

大阪桐蔭の公式戦連勝は12でストップした。先発の柿木蓮投手(2年)は3回に3連打を浴びるなど、味方の2失策も絡んで4点を献上。3回でマウンドを降りた。秋の大阪大会決勝・履正社戦の9回から続く連続無失点も23イニングでストップした。

3点を追う大阪桐蔭は3回に反撃。3番・中川卓也主将(2年)、5番・山田健太内野手(2年)の適時打で1点差まで迫った。ただ、4回から登板した左腕の横川凱投手(2年)が5回に2失点。さらにリードを広げられた。

3番手で登板した根尾昂内野手(2年)は4回1失点と粘投したが、打線は3投手の継投の前に4得点で終わった。公式戦初の黒星に、根尾は「自分たちの力不足で負けてしまった。ミスを重ねてチームとしてカバーできなかった。自分たちの弱さが出た」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イチローは3年連続、初代は沢村栄治/歴代MVP
【NPBアワード】鷹サファテ&広島丸がMVP初受賞、断トツだった結果、記者投票の内訳を探る
来年11月「日米野球」開催へ 3月は豪州と2試合
残留は退団希望の裏返し?FA宣言見送りの中田に「トレードなら、獲得しやすい」の声
【プロ野球観戦★】いろんな球団の選手が集まる日本代表戦が面白い!私はこうやって野球観戦を楽しみます♡♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加