最新ランキングをチェックしよう
三種の神器を持ち逃げした後醍醐天皇、その意図とは

三種の神器を持ち逃げした後醍醐天皇、その意図とは

  • BEST T!MES
  • 更新日:2018/02/15

皇位継承の証として歴代天皇が受け継いできた宝物「三種の神器」。その神宝をめぐって、平安末期と鎌倉末期に繰り広げられた2大紛争の実態に迫る。

八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の宝物を「三種の神器」という。
皇位の正統権をめぐり北朝と南朝の争いが勃発
 光厳上皇が入京して2ヶ月後の8月15日、光明天皇の践祚が行われたが、三種の神器は後醍醐が持ち出し

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】「地元に帰りたい」衣装ケースに女性遺体
1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......
「小型犬をリードなし散歩」注意され激高 脅迫で逮捕の飼い主がヤバすぎる
眞子さまの恋人・小室圭さん、“億超”警備費は税金――「国民が怒る問題じゃない」と弁護士解説
圧倒的な透明感!中国屈指の人気コスプレイヤー・小柔SeeUに訊く中国と日本のコスプレの違い【写真多数】

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加