最新ランキングをチェックしよう
三種の神器を持ち逃げした後醍醐天皇、その意図とは

三種の神器を持ち逃げした後醍醐天皇、その意図とは

  • BEST T!MES
  • 更新日:2018/02/15

皇位継承の証として歴代天皇が受け継いできた宝物「三種の神器」。その神宝をめぐって、平安末期と鎌倉末期に繰り広げられた2大紛争の実態に迫る。

八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の宝物を「三種の神器」という。
皇位の正統権をめぐり北朝と南朝の争いが勃発
 光厳上皇が入京して2ヶ月後の8月15日、光明天皇の践祚が行われたが、三種の神器は後醍醐が持ち出し

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
マジックミラー越しにHな行為を見せるだけで... 高額アルバイトの実態に衝撃
車衝突で3歳女児が投げ出され死亡 悲しい事故に「親の責任」を訴える声も
わいせつ画像が突然届く「AirDrop痴漢」 加藤諒も被害「そこに写ってた写真は...」
叶美香、大反響だった“ハンコック”のコスプレ姿を追加公開「くびれも完璧」「リアルを超えたリアル」の声
名前を呼んだら「ニャーン」とお返事!自分の名前を覚えた猫さんが可愛すぎる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加