西武エース菊池が前エース岸に勝利 意味深コメも「来年...あれ? 来年?」

西武エース菊池が前エース岸に勝利 意味深コメも「来年...あれ? 来年?」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/15
No image

「また、来年…あれ?」と首をかしげる西武・菊池雄星【画像:(C)PLM】

楽天に連勝で3.5ゲーム差、最後は意味深コメントも…

頼もしき左腕が、息詰まる投手戦を制した。2位の埼玉西武が3位の楽天に勝利し、ゲーム差を3.5に広げた。先発のエース・菊池が8回1失点でリーグトップタイの15勝目。かつての同僚、岸に投げ勝ち「背中を追いかけた先輩だったので、絶対に勝ちたかった。ピンチもありましたけど、粘り強く投げられたのがよかった」とうなずいた。2、3位攻防戦となった13日、14日、いずれも埼玉西武が勝利と、明暗がくっきり分かれた。

5回1死満塁、同じ岩手出身の銀次を遊ゴロ併殺打に打ち取り、この日最大のピンチを乗り切った。初回に1点は失ったものの、最少失点、11奪三振の快投で、今季201個目。「三振は取りたいときに取れればいいと思っているので、これからも勝つことを意識して頑張ります」と、記録への意識については淡々と語ったが、自身初めて、奪三振数で200の大台を突破した。

試合は同点の6回2死二塁、浅村の中前適時打が決勝点となった。ピンチの後はチャンスとばかりに、一走の森が盗塁するなど、味方打線が集中力を見せつけ、左腕に援護点。相手先発、岸も8回2失点と先発として試合はつくったものの、埼玉西武が1点差を守り切った。

福岡ソフトバンクがオリックスに勝利し、マジック対象チームの楽天が負けたことで優勝マジックはついに1。2年ぶりのリーグ優勝を確実なものとした。セ・リーグの広島もマジックが1となり、16日に両リーグ同時優勝となる可能性も現実味を帯びてきた。だが、CSの本拠地開催となる2位と、それがかなわなくなる3位では大きな違いなだけに、Aクラスのチームの戦いもまだまだ終わっていない。

そんな状況でゲーム差を3.5に。楽天のほうが6試合多く、まだまだ油断はできないが、大きな、大きな連勝となった。この日が今季の仙台ラストゲーム。生まれ育った東北の地で快勝した菊池は、「東北出身ということで、友達も多く駆けつけてくれるので、絶対勝ちたいと思って投げています」と笑顔。「また、来年…あれ? 来年? 頑張ります」と、最後は苦笑いで意味深なコメントも残しつつ、駆け付けてくれたファンに手を振った。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】会場は唖然、騒然...MLBで驚きの珍プレー、バントが“先頭打者弾”に
ロッテ涌井、緊急降板を謝罪「井口さんの引退試合」
春日部共栄vs狭山ヶ丘
高校野球ドットコム
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
長嶋一茂、プロ志望・清宮に辛口評価「あの守備は無理」「最初は2軍から」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加