【惜敗一問一答】U-17・森山監督「僕らはまだ何も失っていない」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/12

サッカーのU-17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)第6日は11日、インドのグワハティなどで1次リーグ第2戦が行われ、E組の日本はフランスに1-2で敗れた。日本は1勝1敗となり勝ち点は3で変わらず、決勝トーナメント進出決定は14日のニューカレドニア戦に持ち越しとなった。

試合後、森山佳郎監督はフランスとの差を分析し、第3戦に勝利しての決勝トーナメント進出を誓った。

--惜しくも敗戦

「前半は序盤から守備の安定がなくて、特に僕らの攻撃からボールを失って相手にチャンスを与えていたので、何とか1点に抑えたのは良かったんですけど、ちょっと消極的な部分があったかなというところが。後半はだいぶ押し込んだ時間帯もあったし、後半は互角にやれたんじゃないかと思います」

--1点が遠かった

「最後の(プレーの)質のところと、相手の足の長さ、身体能力の高さみたいなところで、いつもだったら奪われないようなところも突かれてしまったり、この世代では体で勝てない部分もあるんで、そういうシチュエーションを少なくするだけの、(プレーの)質とか動きながらしっかりプレーしていくところを、またさらに高めないとだめだなと思いました」

--第3戦への抱負

「僕らはまだ何も失っていないので、次のゲームをしっかり勝って決勝トーナメントが勝負だと思っているので、ここから頑張っていきたいです」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【サッカーコラム】ビッグマウスが生命線のMF小林祐希が日本代表初先発 W杯へ“本田二世”が自らを追い込む
『大食い王』もえあず敗れる歴史的混戦も 照英の「選手煽り」に批判殺到
【相模原】元日本代表や芸能人がズラリ! 10.29『さがみはらドリームマッチ2017』開催!
ビートたけし「都知事になって五輪返還もありかな」
久保建英「いつか見返す」東京五輪へ飛び級目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加