最新ランキングをチェックしよう
なぜドイツ国民は「それでも首相はメルケルに」となるのか

なぜドイツ国民は「それでも首相はメルケルに」となるのか

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/10/13

批判の損得
ドイツ連邦議会の総選挙が終わってからそろそろ3週間、大敗したメルケル首相に対する評価が、もう一つ定まらない。
実は、すでに選挙前から、国民の間ではメルケル政権への批判はかなり高まっていた。しかし、批判しながらも、「首相はやっぱりメルケル」という歪んだ状況だ。批判の中枢にあったのは、もちろん、彼女が2015年に断行した「難民ようこそ政策」。
当時、100万人近く入った難民の多くは、過疎の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“世界で最も寒い村”に自転車で...日本人学生ら保護
人助けよりSNS優先......目前で男に襲われ泣き叫ぶ少女を放置して動画撮影する人々
悪名高きギャングが看護師を誘拐し貧しい人々に予防接種をさせるという事件(ブラジル)
「今、ミシガン州の道路がどれほどヤバいのか...これを見てほしい」途方に暮れる現地の警察官
西暦3300年から来たタイムトラベラーが未来を激白「人類とAIは戦争する」「3日間で12体の敵を倒したが...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加