最新ランキングをチェックしよう
震災から7年 福島の除染はほぼ終了、中間貯蔵施設の用地買収続く

震災から7年 福島の除染はほぼ終了、中間貯蔵施設の用地買収続く

  • THE PAGE
  • 更新日:2018/02/21

2011年3月に東京電力福島第一原子力発電所の事故が発生してから、まもなく7年。福島県内の除染作業がまもなく終わろうとしています。一方、除染作業で生じた廃棄物を保管するための中間貯蔵施設の用地買収が続いています。

福島市などの除染は2017年度中にも終了

[資料写真]富岡町の仮置き場(2015年、ロイター/アフロ)

 福島第一原発事故によって放射性物質が大気中に放出され、福島県を含む東北

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
栃木市長に大川秀子氏が初当選 現職破る
高須院長、上西氏を「国会議員にしたくなってきた」
与野党対立激化、与党は野党欠席でも法案審議の構え
立憲民主にも「セクハラ問題」 安倍政権を追いつめる時に足かせか
麻生財務相が帰国、進退について一切答えず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加