飛行機事故で亡くなったサラ、墜落前に一酸化炭素中毒か

飛行機事故で亡くなったサラ、墜落前に一酸化炭素中毒か

  • サッカーキング
  • 更新日:2019/08/15

飛行機墜落事故で亡くなったアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラが、高濃度の一酸化炭素にさらされていたことがわかった。イギリスメディア『BBC』が14日に報じた。
 サラは1月21日にナントからカーディフ・シティの移籍が決定し、ナント・アトランティック空港からカーディフへと向かっていたいたが、搭乗した小型飛行機がレーダーから姿を消して行方不明となった。警察による捜索は同24日に打ち切られたが、寄付や

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加