次世代ニュートリノ化学連携研究機構の発足式を開催 - 東大など

次世代ニュートリノ化学連携研究機構の発足式を開催 - 東大など

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/13
No image

東京大学国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)は、ハイパーカミオカンデ計画の推進を目的とする「東京大学次世代ニュートリノ科学連携研究機構」の発足式を、東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設 (岐阜県飛騨市) で実施した。

同研究機構は、東京大学の宇宙線研究所、Kavli IPMUおよび大学院理学系研究科の3部局が協力し、ニュートリノ研究や実験技術開発を通し、同研究分野の未来開拓を行うことを目的として2017年10月1日に発足した。特に、基幹設備となるハイパーカミオカンデ計画の推進を目的とし、将来ハイパーカミオカンデが実現した場合にはスムーズに研究が進められるように、「理論と実験・観測が強く連携した研究体制の構築」と「世界の中心となるニュートリノ研究拠点の創設」を目指している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
慶大、ラット生体内でヒト由来細胞による肝臓の「芽」を生着
Apple Watchすごい。高血圧や睡眠時無呼吸症候群まで感知できる
切除不能第3期非小細胞肺がん患者・化学放射線療法後の抗PD-L1療法
【保存版】2017年のアンビリーバボーな科学的発見ベスト13! 顔と手足のない怪物、未来が過去に影響、宇宙人のメッセージも...!
「我々の意識や魂は、量子情報として脳に保管されている」説は正しいのか? 「量子脳理論」「Posner分子」「イオンチャネル」が解き明かす人間存在に迫る!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加