楽天子会社、ドローン管理システム提供開始 自治体などに売り込み

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/12/07

楽天が米ベンチャーと小型無人航空機(ドローン)の管制システムを提供するために立ち上げた楽天エアマップは7日、ドローンの飛行空域の管理者とドローン操縦者向けに2種類のドローン用管制システムの提供を始めた。8日から千葉市が同システムを導入する方針。楽天エアマップは今後、自治体などに導入を呼びかけていく考えだ。

提供開始したのは、自治体や大地主などドローンを飛ばす場所の土地管理者がドローンの飛行可能エリアを公開したり、飛行申請を承認したりできる「空域管理ダッシュボード」と、ドローン操縦者がダッシュボードを導入した管理者に飛行エリアを確認したり、飛行申請できるスマートフォンアプリ「エアマップ」の2種類。いずれも当初は導入費用は無料。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
価格優先の人必見! KingSpec製2.5インチSSD
国産初のIoT浄水器『クリンスイ CSP801i』は何がスゴい?
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 多機能ハブや多ポート電源タップがお買い得に
ギフトに最適!色々な情報がひと目でわかるデジタル置時計
カーン・デザイン、6輪駆動でソフトトップ仕様の「フライング・ハンツマン」を発表!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加