最新ランキングをチェックしよう
幼少期の逆境体験が生活習慣病リスクにつながる、東京医科歯科大学大学院研究

幼少期の逆境体験が生活習慣病リスクにつながる、東京医科歯科大学大学院研究

  • @DIME
  • 更新日:2019/09/21

幼少期の逆境体験が高齢者の疾患リスクに――日本とフィンランドで同じ結果
子どもの頃に逆境体験(過酷な体験)をした人は成人後の主観的健康観が低く、生活習慣病の有病率が高いとする国際研究の結果が明らかになった。
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野の藤原武男氏らの研究グループの報告で、詳細は「BMJ Open」に8月20日オンライン掲載された。
この研究は高齢者を対象に、現在の主

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヨーロッパの太陽観測機「ソーラー・オービター」完成 打ち上げ地フロリダへ
進化するプロバイオティクスと期待される「生きた薬」の開発
150年前に指摘されていた「二酸化炭素と地球温暖化の関係」が黙殺された理由とは?
電通大、磁石を金属に近づけた際に生じる磁場による量子化の計算手法を発見
東京都の十代男女 修学旅行先の奈良・京都でデング熱に感染
  • このエントリーをはてなブックマークに追加