【東京6R新馬戦】プロディジー差し切りV 大野「いいリズム」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

東京6R(芝1400メートル)は中団から7番人気のプロディジー(牝=浜田、父ヴィクトワールピサ)が差し切りV。勝ち時計は1分24秒4(良)。

道中は中団を追走。直線外から脚を伸ばし、先に抜け出していたハードカウントを首差交わした。「仕上がりも良かったし、いいリズムで行けて直線もしっかりしていた。いい競馬ができた。距離はこれくらいがいい」と、大野は納得の表情で勝利を締めくくった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
安室奈美恵がテレビに出なくなった理由
店員がレシートや名札の「フルネーム表示」で恐怖を感じたこと3選
北海道旅行で見た日本人の恐ろしいところ―訪日中国人
安室奈美恵“子離れ”できず「お前うぜえよ」
ビートたけしの“子ども”がラブドールを相手にガチSEXしていた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加