最新ランキングをチェックしよう
精神科の「隔離と薬漬け」の末に亡くなった、38歳男性と両親の無念

精神科の「隔離と薬漬け」の末に亡くなった、38歳男性と両親の無念

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/12/18

串山一郎さんは、国立病院機構が運営する広島県の精神科病院で、4ヵ月半にわたって隔離と多剤大量投薬を受け、退院した月に突然死した。38歳だった。一郎さんの命の尊さをお伝えするため本名でご登場いただき、顔写真も公開する。
一郎さんは重い自閉症を患い、知的障害もある重複障害者だった。一郎さんが亡くなった後、両親は「重複障害者が直面する非人道的な扱いを多くの人に知って欲しい」と、病院を相手に2件の民事訴訟

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
話題の「レズビアン風俗」鑑賞をノンケ女子が体験。美しすぎる...
無印よ、どこまで軽くしちゃうの? 80gサコッシュは水に浮いちゃうよ〜|マイ定番スタイル
スーパーに落とし物を問い合わせした男 まさかの中身に「気持ち悪い...」と衝撃
1日3分の「深睡眠ストレッチ」で、眠りの悩みが一挙解決!
「もっと買え」。女に買い物ばかりさせる男の目的とは?過去を隠していた男の、悲しい秘密
  • このエントリーをはてなブックマークに追加