最新ランキングをチェックしよう
精神科の「隔離と薬漬け」の末に亡くなった、38歳男性と両親の無念

精神科の「隔離と薬漬け」の末に亡くなった、38歳男性と両親の無念

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/12/18

串山一郎さんは、国立病院機構が運営する広島県の精神科病院で、4ヵ月半にわたって隔離と多剤大量投薬を受け、退院した月に突然死した。38歳だった。一郎さんの命の尊さをお伝えするため本名でご登場いただき、顔写真も公開する。
一郎さんは重い自閉症を患い、知的障害もある重複障害者だった。一郎さんが亡くなった後、両親は「重複障害者が直面する非人道的な扱いを多くの人に知って欲しい」と、病院を相手に2件の民事訴訟

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
木村拓哉『グランメゾン東京』に“丸パクリ”疑惑? あまりの酷似が話題に...
脊山麻理子“ド変態教師”プレイに大興奮「だらしないボディーがたまらん」
タイミング最悪!チュート徳井義実1億2000万円申告漏れのボロ露呈“余波”
『まんがでわかる 妻のトリセツ』レッスン1を特別公開!
「ハイスペックすぎるプリンセス」漫画家が震えた、雅子さまの苦悩
  • このエントリーをはてなブックマークに追加