【小宮良之の日本サッカー兵法書】ブラジルの巧さ・強さを際立たせたハリルジャパンの“無邪気さ”

【小宮良之の日本サッカー兵法書】ブラジルの巧さ・強さを際立たせたハリルジャパンの“無邪気さ”

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/11/12
No image

中盤で絶大な存在感を示すカゼミーロ。技術や戦術理解度に長けているだけでなく、自身を優位に立たせる術を知り尽くしている。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

No image

世界屈指の高い技術を活かしてチャンスやゴールを生み出したネイマールだが、プレー以外の部分での様々な仕掛けで、日本の選手に揺さぶりをかけていた点も見逃してはならない。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

11月10日、ハリルジャパンはブラジル代表に、完膚なきまでに叩きのめされた。スコアは1-3だったが、両者にはそれ以上の差があった。

日本のチーム戦術は機能せず、個人でも敗れていた。

しかし、赤子の手をひねるがごとく一蹴された、というわけではない。局面では、五分以上の戦いも見せている。全てを否定するべきでもない。

それは、ディテールの差の蓄積がもたらした完敗だったのだろう。

例えば前半の28分、日本はバックラインの槙野智章が持ち上がり、球足の鋭い縦パスを敵DF陣のギャップに入った原口元気の足下に入れている。これをコントロールした原口はボールスピードを活かし、前を向いて鋭いドリブルに入った。

見事なコンビネーションとスキルであり、アジアレベルならチャンスになっていただろうが、原口はカゼミーロにファウルで止められる。この後、吉田麻也がFKを蹴り、バーを直撃するシュートを放った。その意味では、原口のドリブルは活きたということだろう。

しかし、ディテールはもっと奥に隠れている。

ドリブルでスピードに乗りかけていた原口が、そのまま敵陣に向かって進むことができていたら、チャンスの可能性は確実に広がっていた。しかし、それを巧妙なファウルで止められている。「巧妙な」というのは、カゼミーロがこのプレーでイエローカードを受けていない点である。

カゼミーロが何度となくファウルで日本選手を止めながら、一度もイエローカードを受けなかったのは、特筆すべき点である。これも「マリーシア」のひとつか。

彼は、ファウルをしたのが事実であっても、その“痕跡”を残さない。接触してもそそくさとその場を離れ、平然としたものである。身体を倒し、滑って、もつれるような場面も極端に少ない。こうしてカードを回避することにより、際どいディフェンスを選択し続けられるのだ。

一方、日本の守備陣は、吉田、井手口陽介、酒井宏樹がイエローカードを掲げられ、力をもがれていった。その次は、厳しく当たりにいけない。足枷をはめられたのだ。 また後半、原口が鋭いドリブルでペナルティーエリアに侵入し、突破を図った直後に倒れる場面があった。PKかと思われた。しかし、これは審判にシミュレーションと見抜かれてしまい、逆に警告を受けている。

日本はブラジルよりも「イノセント」だった。そしてネイマールは、その“無邪気さ”を見抜いていた。

後半、彼は左サイドでボールを浮かせて遊び、罠を仕掛けた。すでに警告を受けていた井手口を突っ込ませると、大袈裟に転び、カードを誘った。審判がよく観察していて、井手口にカードは示されなかったものの、これこそ、ネイマールのマリーシアだった。相手の闘争心を逆手に取ったのである。

ブラジルの選手たちには、全体的に力みがなかった。それが、独特の懐の深さを生んでいた。

強度の高いプレッシング浴びても、じっと収まるのを待てる。そして、その激しさが途切れる瞬間を狙い、カウンターに打って出た。2点目、3点目と、どちらもカウンター、ショートカウンターでゴールを仕留めている。彼らに高い技術があったのは間違いないが、そのディテールにおいて、試合巧者だったのだ。

日本の選手は、技術的にも、体力的にも、著しくブラジルに劣っていたわけではない。しかし、そのディテールで敗れていた。わずかな差が、大きな差となって出た一面がある。

日本がブラジルと対等の勝負をするには――。明確な手立てはない。今後も、際どい試合を重ねていくしかないのだ。

文:小宮 良之

【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『おれは最後に笑う』(東邦出版)など多数の書籍を出版しており、今年3月にはヘスス・スアレス氏との共著『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』(東邦出版)を上梓した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
英国で生まれた“神トラップ弾”に世界が驚愕 「まるでベルカンプ」「不可能」「常識外」
最強BBCの面影はどこに。3人合わせてリーガの得点ランクは「15」位
【検証】イタリアはなぜ世界王者から予選敗退まで凋落した? 後編:連盟と育成の機能不全
こんな異様な光景見たことない!? リヨンの“白きデモ”に賛辞「美しい」「歴史を作れ」
伊サッカー連盟会長、辞任を表明。責任問われ「全てのイタリア人に謝罪する」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加