「ドライブ首」や「スマホ首」から起こる心と体のトラブル予防策

「ドライブ首」や「スマホ首」から起こる心と体のトラブル予防策

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/12
No image

ゴールデンウイークの行楽で長時間マイカーを運転した後で、ひどい首のこりを感じたり、頭痛やめまいに悩まされてはいないだろうか?

数日で回復する「ちょっとした疲れ」であれば心配ないが、身に覚えのない不定愁訴が持続するようであれば、「ドライブ首」を疑ったほうがよいかもしれない。

ドライブ首とは、ハンドルにシートを近づけすぎて前かがみなるとか、シートを倒しすぎた状態で長い時間運転することで、首の筋肉がこり、頚椎の中心にある「副交感神経センター」に異常を生じた状態をいう。副交感神経は、内臓や血管の働きをコントロールする重要な神経のひとつで、この働きが阻害されると、様々な不定愁訴や疾患にかかるリスクが出てくる。

ドライブ首を命名し、多くのドライブ首患者の治療に携わってきた、東京脳神経センター理事長の松井孝嘉医学博士によると、ドライブ首がもとで起こる疾患は17種類もあるという。それには、緊張性頭痛、めまい、不眠症などのほかに、意外にもパニック障害や過敏性腸症候群も含まれる。

ドライブ首を予防するには、正しい運転姿勢をとることが肝心。シートをハンドルに近づけすぎず、かといってシートを倒しすぎず、頭が自然に首に乗っている状態を保つよう心掛けたい。そして後述する「ネックリラクゼーション」を、サービスエリアでの休憩時や信号待ちを利用して行う。これによって、ドライブ首は未然に防げる。

また、「ふだん運転しないから大丈夫」という人でも、スマホの使い過ぎで同じような症状が起こるというから注意が必要だ。こちらは「スマホ首」といい、うつむき加減でスマホをながめているうちに、やがてドライブ首同様の疾患をもたらす危険性がある。

そこで、ドライブ首とスマホ首に共通するトラブルを予防するために、松井孝嘉医学博士が考案したのが「ネックリラクゼーション」。ドライブや仕事・勉強の合間に座ったままで行える手軽な方法なので、ぜひ習慣化してほしい。

●ネックリラクゼーションの手順

1. 深く腰掛ける。背中は背もたれにつけ、両手を頭の後ろに回して組む。

No image

2. 頭を後ろに倒してゆく。首が痛くなる手前で止めて、そのまま30秒保持。頭の重さを両手で支えることで、首の後ろの筋肉がゆるむ。

No image

3. 両手で頭を支えたまま、頭をもとに戻す。

ネックリラクゼーションは極力15分おきに、寸暇を惜しむほど仕事が忙しいときでも30分おきには行うようにしたい。うっかり忘れないよう、クッキングタイマーなどでアラーム設定しておくとよいだろう。

情報・画像提供/東京脳神経センター
住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-17 神谷町プライムプレイス2F
TEL:03-5776-1200
FAX:03-5776-1201
公式サイト:http://tokyo-neurological-center.com/

参考資料/『「スマホ首」が自律神経を壊す』(松井孝嘉/祥伝社)

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
これなら許せる! 子供の都合で休んだ母親社員がした素敵な対応3選
【共感】「男子校の男子ってだいたいこんな感じ」ってイラストがTwitterで話題 / 全体の6割は単なる「〇〇」らしい
消えてしまったけど好きだった飲料ランキング
【衝撃】2万年前の変圧器がコソボで出土! 内部のコイルまではっきり、電力を活用していた超古代文明の最新オーパーツ!
嘘みたいだ!顔面酷すぎ少女「整形手術」でとんでもない「美人」に変身!タイで話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加