川崎、ホームで痛い黒星...上海上港に0-1 1次リーグ初戦/ACL

川崎、ホームで痛い黒星...上海上港に0-1 1次リーグ初戦/ACL

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/13

アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグF組(13日、川崎0-1上海上港、等々力)昨年のJリーグ覇者の川崎は、前回ベスト4の上海上港(中国)に0-1で敗れた。前半23分、上海上港のFWエウケソンに先制ゴールを許し、そのまま逃げ切られた。ホームで行われたACL初戦で痛い1敗を喫した。

前半23分に先制された。上海上港は左サイド深い位置からのクロスをペナルティーエリアでエウケソンが胸でトラップ。叩きつけるように右足を振りぬくと、グラウンダーのシュートは右に飛んだGK鄭成龍の手を弾きゴール左に吸い込まれた。川崎は33分にDFエウシーニョの右からのクロスに走り込んだ中村が強烈なヘディングシュートを放ったが、GK顔駿凌にセーブされた。

後半に入ると、川崎が敵陣にボールを運ぶ時間が長くなった。しかし、上海上港の守備を崩しきれず。26分に中村に替えてMF阿部、36分には家長からMF長谷川、41分にMFエドゥアルドネットを下げてルーキーのMF守田を投入したが、1点が遠い…。

44分にはカウンターからチャンスを作り、阿部からのアーリークロスを大島が右足で合わせたもののゴールをとらえられず。その後も川崎は上海上港に迫ったが得点できなかった。

No image

後半、ゴールを決められず天を仰ぐ川崎・小林=等々力陸上競技場(撮影・中井誠)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【Jリーグ都道府県別選手数ランキング】トップは今年も東京!意外な健闘を見せた県は?
浦和レッズ V釣り上げる「ブラックバス」勝ち星大漁サポート
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
“仲間置き去り”の韓国女子パシュート選手、涙の謝罪会見もうそだった?=韓国ネットの怒りもヒートアップ
サッカーを深く愛した大杉漣さん 背番号10で還暦超えても月2回プレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加