最新ランキングをチェックしよう
ある獣医師がアーティストになって海外に出ていくまでの5年間の話。/小俣 智子

ある獣医師がアーティストになって海外に出ていくまでの5年間の話。/小俣 智子

  • STORYS.JP
  • 更新日:2016/11/09

2003年、私は獣医大学を卒業し、晴れて獣医師の免許を得た。一般に誤解されていることだが、獣医師の仕事は「動物の治療」ではない。動物の治療を通じ、人の心を癒すことが、獣医師の仕事の本質である。これは動物に限らず、ヒトも含め医療に関わる職業すべてがそうなのだ。動物は自ら病院へは来ない。獣医師が診ているものは、家族の「心配する気持ち」であり、同時に人間ではない以上、金銭や介護にかかる時間のために「これ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人間たまには休んだほうがいい4つの理由
「なんか違う!」憧れのエッチなプレイをやってみて思うこと3つ
42歳・アルバイトで年収234万円、一度も正社員経験のない男性の未来は...
【炎上5秒前】実は「違約金なしで携帯電話を解約できる方法」があったことが判明 → 大手三社は客にほぼ説明しておらず行政指導へ
将来も食っていける職種・企業の「実名」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加