ジェネラーレウーノ3連勝で重賞初V/京成杯

ジェネラーレウーノ3連勝で重賞初V/京成杯

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

直線抜け出して京成杯を制したジェネラーレウーノと田辺騎手(左端)(撮影・丹羽敏通)

<京成杯>◇14日=中山◇G3◇芝2000メートル◇3歳◇出走15頭

1番人気ジェネラーレウーノ(牡、矢野)が3連勝で重賞初制覇を飾った。道中2番手で折り合い、直線で一気に抜け出した。勝ちタイム2分1秒2。田辺裕信騎手(33)は17年コマノインパルスに続く、同レース2年連続V。田辺騎手は「1頭になると遊ぶ部分があるので、そこを気をつけた。(直線で)いつでも行けるようにしていた」と振り返った。

半馬身差の2着は2番人気コズミックフォース(牡、国枝)で、戸崎騎手はJRA重賞騎乗機会4連勝はならなかった。3着に6番人気イェッツト(牡、金成)。

馬連(5)(15)780円、馬単(15)(5)1510円、3連複(1)(5)(15)3130円、3連単(15)(5)(1)1万2290円。

(注=成績、払戻金などは、必ず主催者のものと照合して下さい)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
小田急の「明日のことはとても考えられる状況にない」コメントが名言すぎると絶賛
「外で出会うクソババアビンゴ」に世のママたちが大共感! 母乳か聞いてくる、赤ちゃんに勝手に触ってくるなど「あるある」すぎて首がもげそう!!
こっち見んな! 巷にあふれた「ヤバい雪だるま」画像まとめ
「隠れインフルエンザ」が怖い 風邪と区別がつきにくいB型が猛威をふるっている
マラソンでゴール目前の選手が倒れる→後ろの女子高生ランナーが抱きかかえてゴール、優勝を手助けする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加